charging Life
チャージングライフ

アルギニン摂取を効率的にするために、過剰摂取や摂取で注意すべきこと

アルギニン摂取を効率的にするために、過剰摂取や摂取で注意すべきこと

アルギニンは健康な身体を維持し、エネルギーを高めるために必要なアミノ酸です。しかし、摂り過ぎてしまうと健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこでこの記事では、アルギニンの過剰摂取による健康障害や欠乏症、副作用について解説します。正しくアルギニンを摂取し、健康生活を楽しみましょう。

アルギニンを過剰に摂取した場合

アルギニンを過剰に摂取した場合

アルギニンは体内で重要な役割を果たすアミノ酸ですが、その摂取量には注意が必要です。以下では、アルギニンの過剰摂取が健康に及ぼす影響と疲労感・倦怠感について詳しく解説します。

健康に影響する

健康に影響する

体内のアルギニンが過剰になると、血液中の一酸化窒素量が増加し、血圧の上昇や心臓に負担をかける原因になったり、肝臓や腎臓、胃腸などの消化器官に負担をかけたりします。

特に胃腸が弱い方やアレルギーがある方、統合失調症、肝硬変の方などはアルギニンの過剰摂取による影響を受けやすいので注意が必要です。

またアルギニンの過剰摂取によって成長ホルモンが過剰になると、成長ホルモン分泌過剰症として子どもでは巨人症が、成人では先端巨症のリスクがあります。

疲労感・倦怠感

疲労感・倦怠感

過剰にアルギニンを摂取すると、体はこの過剰な量を処理するために大量のエネルギーを消費します。また過剰なアルギニンが体内にあるほかのアミノ酸バランスを崩してしまう可能性もあり、これがさらなる疲労感や倦怠感につながる場合もあるのです。

アルギニンの欠乏症とは

アルギニンの欠乏症とは

アルギニンが不足すると、体の成長の遅れや生活習慣病が発症する可能性があります。アルギニンは体内で生成されるため、食物から摂らなければならないアミノ酸ではありません。

しかし成長期の子どもや病気から回復中の方などでは不足しやすいので、該当する方は食物からの補給が必要です。サプリメントなどを使用する場合は、過剰症のリスクもあるため専門家に相談すると良いでしょう。

体の成長の阻害

特に子どもがアルギニン不足になると、体の成長が遅れる場合があります。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進して、骨の成長を促進する働きをサポートするためです。

また体の成長には成長ホルモン以外にも、性ホルモンや甲状腺ホルモンなどほかのホルモンの影響も関係します。成長期の子どもたちがスクスク育つためにも、アルギニンは一部の可能性を秘めていると考えられるでしょう。

生活習慣病

アルギニンの摂取量が不足すると、生活習慣病のリスクが高まる可能性があります。アルギニンは一酸化窒素の生成をサポートすることで、一酸化窒素の血管を拡張し、血流を改善する働きを促進します。私たちは一酸化窒素の働きによって血圧を正常に保てている部分があるのです。

しかしアルギニンが不足すると、一酸化窒素の生成が十分に行われなくなり、その結果、血管の拡張機能が低下します。

血管が拡張されない場合、血管に圧力がかかって高血圧の原因になったり、血管内にプラークができていると血流が止まってしまい狭心症や心筋梗塞の原因になったりと心臓病のリスクを増大させる可能性があります。

またアルギニンはインスリンの分泌を促進する働きがあり、近年、そのメカニズムが発見されました。
インスリンとは唯一血糖値を下げる働きがあるホルモンで、膵臓から分泌されています。

インスリンの働きが弱まったり、効かなくなったりすると血糖値が下がりにくくなり、高血糖状態が続くと糖尿病につながります。糖尿病は神経障害・腎症・網膜症といった合併症を伴うため、早期対策が不可欠です。

カラダリチャージ飲料 琉然菜果 チャージングプラス

アルギニンの副作用

アルギニンの副作用

アルギニンを摂取すると副作用を起こすリスクもあります。ほかのあらゆる健康補助食品と同様に、アルギニン、特にアルギニンサプリメントを摂取する前には必ず専門家と相談しましょう。

またアルギニンを摂取した後にアレルギー反応の症状が現れた場合には、すぐに病院に行くことをおすすめします。以下では、アルギニン摂取に伴う副作用や注意点について詳しく解説します。

血管を広げる薬との併用

血管を広げる薬との併用

アルギニン自体に血管を拡張して血流を改善する働きがあるため、高血圧や心臓病を患っていて血管拡張薬を処方されている方は併用に気を付けましょう。

薬で血管を広げているうえに、拡張する働きのあるアルギニンを与えると拡張が過剰になる可能性があるためです。最悪の場合、失神や重篤な健康問題につながります。

アレルギー体質

アルギニンは一般的には安全で、健康的な人々には有益なアミノ酸ですが、アレルギー体質の方には注意が必要です。特にサプリメントの大量摂取には注意しましょう。

アレルギー反応の症状は人によって異なりますが、皮膚の発疹やかゆみ、息苦しさ、蕁麻疹、吐き気、下痢などが報告されています。重篤な場合には、アナフィラキシーショックという生命に関わるアレルギー反応を起こす可能性もあるので気を付けましょう。

統合失調症

アルギニンは、統合失調症の症状を悪化させる可能性があるといわれています。統合失調症とは自分の気持ちや考えが整理できなくなる症状です。

統合失調症の原因はいまだに解明されていませんが、脳内の神経伝達物質に異変があるとされています。そこにアルギニンが関与していると考えられているのです。

まとめ

アルギニンは私たちの身体にとって重要なアミノ酸で、一般的には安全で有益な栄養素です。 ただし一度に大量摂取したり、過剰に摂取したり、併用リスクがあったりすると、過剰症や副作用など健康障害を及ぼす可能性が少なくありません。

アルギニンを過剰に摂取すると消化器系の機能を悪化させたり、疲労感・倦怠感を生じたりする可能性があります。胃腸が弱い方や肝硬変の方も注意が必要です。また血管拡張薬を使用している方やアレルギーがある方、統合失調症の方などは副作用に気をつけましょう。

食物から摂取するアルギニンではなく、アルギニンサプリメントを摂取する前には必ず専門家に相談しましょう。特に何かしらの薬を飲んでいる方や病気を患っている方はかかりつけ医に相談して、正しい飲み方や適正量など指示を仰ぐのがおすすめです。

一方、アルギニンが欠乏すると、子どもや青年などの成長を阻害したり、高血圧や心臓病などの循環器疾患や糖尿病といった生活習慣病の発症リスクを高めたりする可能性も考えられます。健康的な生活のためにも、アルギニンを摂取するときは適切な量かを確かめましょう。

カラダリチャージ飲料 琉然菜果 チャージングプラス

関連記事一覧

  1. アルギニンの摂取タイミングで影響が変わるのか
  2. 食事以外にもアルギニンをサプリメントで摂りたい、どこに注目して選べば良い?
  3. アルギニンとはどういう成分?男性と女性で働きは違う?

NEW POST

PAGE TOP