サンゴの恵み

海からの贈り物

サンゴは、あらゆる生物が存在するために必要とする様々なミネラル成分を海水から摂取したり、生成したりしています。サンゴの風化した骨格化石粒である風化造礁サンゴ粒(コーラルサンド)には、多数の海洋ミネラルが含まれます。その数、マリーンバイオの分析結果では70種以上が判明しています。

合成炭酸カルシウムに含まれる成分は、純粋に炭酸カルシウムのみです。風化造礁サンゴ粒(コーラルサンド)の主成分は、85%以上は炭酸カルシウムですが、その他にマグネシウムを始め、鉄、亜鉛、セレン、マンガン、銅、クロムなど多数の微量ミネラルを自然のバランスのまま含有しています。一般的に、栄養成分の摂取は単体での摂取よりも、複合での摂取の方が体内利用効率(バイオアベイラビリティ)が高くなることが知られています。

これらは海中で成長するサンゴならではの特徴であり、風化造礁サンゴ粒(コーラルサンド)はまさに「海からの贈り物」なのです。

 

*掲載写真はイメージであり、実際の採取地やサンゴではありません。