サンゴの採取1

サンゴの採取1

風化造礁サンゴが採取可能な地域は沖縄県によって定められています。私たちが採用している採取方法は生き たサンゴ礁の保護と安全を確証するものであり、採取後には何の痕跡も残りません。すなわち、海水や海域などの海洋環境にほとんど影響を与えません。また、 私たちが海から採取するサンゴの量は、毎年自然に生み出される天然風化造礁サンゴ粒の総量(120万トン)の1200分の1です。

サンゴの採取2

国および沖縄県は、沖縄のサンゴを保護するための厳密な指標を定めています。しかし、私たちはそれをさらに上回る独自の基準を設けています。私たちの活動は生きたサンゴ礁の生態系を尊重および保護するものであり、さらには事実上の改善につながってもいるのです。 理想的な深度:サンゴが最も生息しやすいのは海底まで日光が届く浅瀬です。沖縄では深度30mあたりまでがサンゴの生息地域ですが、私たちがサンゴ粒を採取しているのは深度60mより深い、生きたサンゴが存在しない海底のみです。 サンゴ礁からの安全な距離:沖縄のサンゴ礁は海岸から 500mほど広がっています。そこには深度約30mの海底がずっと続いていますが、海岸から500mを超えると海底は急に深度50mほどまで下がります。政府は海岸から1000mまでの水域におけるサンゴ採取を禁止して、サンゴ礁の保護に力を入れています。私たちはこの政府の指標を尊重し、1000mをはるか超えたところで風化造礁サンゴの採取を行なっています。

生きているサンゴ礁への影響

サンゴ粒の採取がサンゴ礁に与える影響は皆無に近く、私たちが採取した分は生きたサンゴによって自然に補 充されています。沖縄では毎年120万トン以上ものサンゴ粒の堆積物(風化したサンゴの残骸やかけら)が、生きたサンゴからつくりだされているといわれています。私 たちが年間に採取する量は1,000トンにも満たず、すなわち自然につくりだされている堆積サンゴの1200分の1にしかあたらない量です。

加盟団体・活動

私たちは、環境の保護と改善を目指す団体のメンバーおよびサポーターです。